current language
Japan available in the following languages:
…または、あなたの国のテュフ ラインランドのウェブサイトを選ぶ:

GS マーク

GS マーク

GSマークを取得して製品に対するユーザーの信頼を高めましょう

GSマークは世界で認知されているマークで、製品がドイツ製品安全法(ProdSG)が定める品質・安全基準を満たすことを証明します。GSマークは、製品に対する信頼を高め、品質と安全性の証としてユーザーが製品を選ぶときの判断材料になります。

ドイツおよび欧州各国にはGSマークの試験を行う企業が60社以上あり、テュフ ラインランドもGSマーク認証機関として認定されています。ドイツ、欧州および世界各国におけるグローバルなパートナーとして、専門性を生かしてGSマークの取得をサポートします。製品のGSマークの取得方法には複数のオプションがあります。詳しくは、テュフ ラインランドまでお問い合わせください。

いますぐGSマークを取得しましょう。

製品の認知度を高め損害賠償リスクを軽減するGSマーク

GSマークの例
GSマークの例

GSマーク認証試験は、製品に関するドイツ国内および欧州指令および規則に対する適合性試験、取扱説明書の内容確認、GSマーク認証のための要求事項への適合などを判定します。GSマーク認証は試験時間が短く、製品をすばやく市場に投入することが可能です。

GSマーク認証は、ドイツだけでなくグローバルな市場において認証マークとして広く認知されています。ユーザーが製品を購入する際の意思決定に大いに役立ちます。またGSマーク認証の取得は損害賠償リスクの軽減や競争力の向上にもつながります。

GSマーク取得後は、テュフ ラインランドのオンライン認証データベース「 Certipedia 」に登録されます。認証済み製品の広告に、テュフ ラインランドのロゴを使用することも可能です。

GSマークの取得方法

最初に試験対象となる製品の検査と書類の審査を行います。 APPLICATION申請書 をダウンロードいただき、必要事項を記入の上、提出してください。

認証試験では、製品が人間の健康および安全に与える影響をチェックします。製品に関するドイツ国内および欧州内の指令および規格に対する適合性を試験し、取扱説明書が正確で不備がないか、GSマーク認証の要求事項がすべて満たされているかを判定します。

テュフ ラインランドの専門家が、製品種別に適用されるGSマーク認証要求事項を満たしているかを判定します。低電圧指令、機械指令、 EMC指令 などの欧州指令の適用製品の場合には、要求事項を満たすかどうか各指令に準拠して試験を行います。

テュフ ラインランドGSマークの認証プロセス
GSマークの認証プロセス

テュフ ラインランドの専門家が、製品特性(電気安全、エルゴノミクス、ポリマー材料の化学分析、電磁両立性、ノイズ放射など)に関して試験を行います。試験後に試験結果報告書を作成し、GSマーク認証を発行します。製品を改良して安全性を高めなければマークを発行できない場合もあります。

GSマーク表示企業は、製造工場の定期的な監査を受けることが法律で義務付けられています。製品の製造状況が継続的に把握できるようにするためであり、製品に何らかの変更を加える際には、テュフ ラインランドに事前通知を行う必要があります。これを怠ると認証は無効になります。GSマークの要求事項は、 CEマーク (メーカーが自ら行う適合性宣言)の基礎的な要求事項よりも厳しい内容になっています。

GS認証試験には欧州指令に対する適合性試験も含まれます

GSマーク認証機関は60社以上あり、テュフ ラインランドもその1つとしてさまざまなサービスを提供しています。専門家が、ドイツ国内法、欧州指令および規則に基づき、電気安全、エルゴノミクス、プラスチック材料の化学分析、電磁両立性、ノイズ放射など、製品特性を試験します。

GS認証の見積書を発行いたします。見積書にはGS監査および認証にかかる料金も含まれます。ぜひお問い合わせください。

GSマークに関してさらに詳しく知りたい方のために、よくある質問を下記にまとめました。下記の回答に含まれない疑問点については、テュフ ラインランドまでぜひお問い合わせください。

すべて表示する すべて非表示にする

GSマークとはどのようなマークですか?

GSマークはドイツ語の「Geprüfte Sicherheit」の略で、”安全性確認済”」を意味する認証マークです。ドイツ国内法(製品安全法)に基づく認証マークで、世界で認知されています。メーカーはGSマーク取得によって、正式に認定を受けた試験所で自発的に製品の安全性試験を実施したことをユーザーに示すことができます。

ユーザーにはどんな利益がありますか?

ユーザーは、製品の通常かつ予見できる使用および予見できる誤使用において、自己の安全および健康にリスクが生じないことを確認できます。GSマークは、購入の際の重要な判断材料となり、製品に対する信頼を高めることができます。

GSマークの表示は義務ですか?

いいえ、GSマーク表示は義務ではありません。メーカーは自発的に安全性試験を行うかどうかを決めることができます。

GSマークはどのように広告で活用できますか?

GSマークは製品の広告にも活用できます。GSマークにはIDナンバーが記載されており、希望に応じてQRコードも発行できます。テュフ ラインランドのウェブサイト( www.certipedia.com )にIDナンバー、認証番号、製品名またはメーカー名を入力して検索すると、有効なGSマーク認証に関する情報が閲覧できます。試験に合格した製品にはGSマークとともに10桁のIDナンバーが発行され、製品情報が上記データベースに登録されます。

製品に変更を加えるとGSマークに影響がありますか?

製品に変更を加える際には、GSマークを発行した試験所に事前に連絡する必要があります。これを怠るとGSマークは無効になります。試験所が再試験の必要性があるかどうか、試験結果報告書およびGSマークの認証に影響するかどうかを判断します。

GSマークの所有権を持つのは?

GSマークはメーカーに与えられ、試験を受けた製品を製造したメーカーがGSマークに対する所有権を持ちます。欧州経済圏以外に所在する企業においても同様です。

GSマークは何年有効ですか?

GSマークは、製品が要求事項を満たす限り、発行後5年間有効です(ドイツ製品安全法§ 21 II S. 2)。同法上の要求事項として、製造工場の定期検査が必要です。通常、定期検査は年1回です。

どのような製品カテゴリーでGSマークを発行していますか?

テュフ ラインランドは下記のカテゴリーに該当する製品に対して試験を行い、GSマークを発行しています。

  • 家庭電化製品
  • 照明
  • 個人用防護具
  • 子ども向け製品
  • 玩具
  • スポーツ・レジャー用品
  • 家庭用電子機器
  • 工具
  • カーアクセサリー
  • 家具
  • オフィス機器
  • ガーデニング用品

GSマーク認証を発行できない製品は?

  1. アンティーク
  2. 使用前に修理または調整が必要な中古品
  3. 仕様上または構造上、軍事的用途にのみ使用されることを意図した製品
  4. 食品、動物飼料、植物および動物、ヒト由来製品、植物および動物の繁殖に直接関連する植物および動物由来製品
  5. 医療機器法§ 3に規定される医療機器(同法に別段の規定がある場合は除く)
  6. 輸送に関する規則に基づき危険物の輸送に使用されるエンクロージャー(携帯型圧力機器、容器、タンク)
  7. ドイツ植物保護法§ 2 No. 9が規定する害虫駆除剤

同様な製品がすでに市販されている場合でも、新たにGSマーク認証を取得する必要がありますか?

認証済み製品のメーカーである、またはメーカーに準ずる場合を除き、試験を受けてGSマーク認証を取得する必要があります。GSマークをすでに取得している別のメーカーの類似製品があることを示すだけでは不十分です。

ドイツ製品安全法(ProdSG)

ドイツ製品安全法(ProdSG)は、ドイツ機器・製品安全法(GPSG)に替わって2011年に施行されました。同法は、ドイツまたは欧州市場で初めて市販、展示、使用される製品に対して安全上の要求事項を規定しています。透明性、情報公開、市場の監督など消費者保護に関する重要な規定がまとめられています。消費者に包括的な情報を提供することや、製造者または輸入者を明示することなどが規定されています。

製品安全法にはGSマークの認証に関する規定もあります。GSマークは、製品が既製品の安全性に関する技術的要求事項を満たしていること、第三者試験機関による定期監査を受けていることを証明するものでなければならない、と同法§ 20以下に規定されています。

GSマークの始まり

GSマークは1977年に、ドイツの労働組織、保険会社、消費者保護団体の要望に応えて作成されました。GSマーク認証の監査は、一般消費者向け製品(工具類を含む)がドイツ製品安全法(ProdSG)が規定する安全衛生上の要求事項を満たしているかを検証するために行われます。GSマークはドイツで誕生しましたが、現在では西ヨーロッパの多くの国々で使用されています。この10年間は、欧州のみならず世界各国で販売される多くの電子製品や機械類がGSマークを取得するようになっています。

GSマークに関するその他の情報

pdf FAQ: CEマークとGSマークの違い 262 KB ダウンロード
mp4 解説動画:GSマーク 24 MB ダウンロード

動画:玩具の試験

GS Mark

旧デザイン

テュフ ラインランド テストマーク認証の流れ(GSマークなど)

テュフ ラインランド テストマーク認証の流れ(GSマークなど)

画像をクリックしてご覧ください。

一般的な新規申請に必要な提出物:電気製品の場合

注:製品の種類や評価の過程で追加資料のご提出が必要となる場合があります。


低電圧指令、機械指令、EMC指令などの欧州指令への適合も求められます。また、 PAH (多環芳香族炭化水素)等、GS独自の要求もあります。


GSマークの対象となる主な製品として、次のものがあります。

  • 家庭用電気/機械製品
  • 事務機器(コピー機、FAX、シュレッダー、コンピューター、プリンター、モニターディスプレイなど)
  • 研究・測定用機器
  • 産業用機器・機械
  • 玩具
  • その他(自転車、ヘルメット、はしご、家具等)

GSマーク PAH関連

GSマーク認証に必要なPAH物質に関する要求事項の改正 - ドイツ製品安全法ProdSG(2019年5月)

新基準「AfPS GS 2019:01 PAK」
GSマーク認証に必要となる、多環芳香族炭化水素(PAH)に関する要求事項の改定が行われました。今回の改定は、ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)のイニシアチブのもとで行われ、

製品安全局(ZLS)の経験交換グループEK2「スポーツ、遊具、レジャー用品、ボート」タスクフォースAK 2.6「化学」も参加しています。

2019年5月15日、ドイツ製品安全委員会(AfPS)は、PAHに関するGSマーク認証の新基準を発行しました。
8月28日付でドイツ労働安全衛生研究所(BAuA)のウェブサイトで公開 されています。

2020年7月1日付で発効
GSマーク認証の基準「AfPS GS 2014:01 PAK」は置き換えられ、2020年7月1日から上記基準がGSマーク認証の取得に必須となります(2020年7月1日以降に取得手続きが完了するものも含まれます)。すでに取得済みのGSマーク認証が失効することはありません。

関連する他の変更点や「AfPS GS 2019:01 PAH」に準拠した新PAH物質表はこちら

REACH規則(EU)No. 1272/2013のPAH(多環芳香族炭化水素)に関する最新情報(2013年12月)

2013年12月7日、欧州委員会はEU官報に委員会規則(EU)No.1272/2013を発表し、多環芳香族炭化水素 (PAH) に関して、欧州議会・理事会REACH規則(EC)No.1907/2006のAnnex XVIIを修正しました。本規則は2015年12月27日から有効となります。

PAHは発がん性、突然変異誘発性及び生殖系に対する有害性を有する有機化合物です。PAHとしては、ナフタレン、アントラセン、フェナントレン、ピレンを始めとする150種類以上の化合物があります。PAHは様々な石油化学製品に含まれます。例を挙げると、プラスチック、ゴム、原油、油脂、錆止め油、離形剤、鉱物油及びタール、さらに殺虫剤、炭、殺菌剤、虫よけ剤など日常の化学薬品などがあります。

主な修正事項

  • プラスチックあるいはゴム製で、ヒトの皮膚あるいは口腔と直接長時間あるいは短期反復的に接触する物品は、収載PAHのいずれも1 mg/kg (この成分の0.0001重量%)を超えて含有してはいけません。
  • ここで言う物品は、以下を指します:
    • スポーツ用具(自転車、ゴルフクラブ、ラケットなど)
    • 家庭用品、トロリー、歩行器
    • 家庭用工具
    • 衣服、履物類、手袋、スポーツウェア
    • 腕時計バンド、リストバンド、マスク、髪飾り
    • 玩具(ぶらんこのような活動を伴う玩具を含む)や保育用品は、収載PAHのいずれも0.5 mg/kg(この成分の0.00005重量%)を超えて含有してはいけません。

REACH規則(EC)No.1907/2006 Annex XVII、Entry 50では、長らく下記8種類のPAHをタイヤ内に使用するエクステンダー油において制限してきました。これらのPAHは、今回の修正で追加された新たな要求事項の対象となります。

制限されるPAH

  • ベンゾ(a)ピレン (CAS No.50-32-8)
  • ベンゾ(e)ピレン (CAS No.192-97-2)
  • ベンゾ(a)アントラセン (CAS No.56-55-3)
  • クリセン (CAS No.218-01-9)
  • ベンゾ(b)フルオランテン (CAS No.205-99-2)
  • ベンゾ(j)フルオランテン (CAS No.205-82-3)
  • ベンゾ(k)フルオランテン (CAS No.207-08-9)
  • ジベンゾ(a,h)アントラセン (CAS No.53-70-3)

PAH 最新情報 (2011年12月)

第67 回ZEK 評議会で、PAH 文書ZEK01.2-08 の差し替えが決定されました。

新しいZEK 文書01.4-08 は2011 年11月29日に発行され、ZLS(ドイツ連邦共和国製品安全局)のウェブサイトから入手できます。これは、2012 年7 月1 日付けで発効します。

なお、ZEK 文書01.3-08 は一旦発行されましたが、間違いがあったためZEK 文書01.4-08 に代わっています。

新しい文書ではカテゴリー分類と許容値に変更はありません。ZEK 文書01.2-08 から大幅に変更があった点は以下の通りです。

i) PAH リストが16 物質から18 物質に
※18物質については下記PAH 最新情報 (2011年10月)をご覧下さい。

ii) 移行期間、2012 年7 月1 日まで

4.1.1 2012 年7 月1 日以降に発行されるGS 認証はZEK 文書01.4-08 の適用を受けます。
(例外については下記ウェブサイトの4.1.3 を参照)
http://www.zls-muenchen.de/de/left/erfahrungsaustausch/doku_pdf/01_4-0

4.1.2 2012 年7 月1 日以前に発行されたGS 認証は引き続き有効
iii) 新製品安全法*に適合させるための修正
*ドイツ機器・製品安全法:2004 年5 月1 日に施行。機器安全法(GSG)と製品安全法(ProdSG)を融合することで、それぞれの法律がカバーしていない製品に対応している。また、消費者製品について特別規則も含まれている。さらに、製造業者はこれまでGS マークを貼付できなかった製品、(例えば機械部品や家具の付属品)にもマークの貼付が可能になった。

<参考資料>
ZEK 01.4-08
http://www.zls-muenchen.de/de/left/erfahrungsaustausch/doku_pdf/01_4-0

PAH 最新情報 (2011年10月)

規制対象となる18種類のPAH
規制対象となる18種類のPAH (クリックしてご覧ください)

2011年9月29日、第67回 ZEK評議会で、ATAV (技術製品および消費者製品のための協会)に提案された新PAH(多環芳香族炭化水素)リストが承認されました。承認されたPAHリストには、新たに2つのPAH物質(ベンゾ(j)フルオランテン、ベンゾ(e)ピレン)が含まれています。

ZLS (ドイツ連邦共和国製品安全局)はこの2つの新しいPAH物質を追加するために、今後ZEK文書 01.2-08を改訂し、EKメンバーに通知します。GS認証を取得するにはこの2つの物質について対応する必要がありますが、ZEK文書 改訂日より6ケ月間の移行期間が設けられます。

現在のZEK文書01.2-08は、米国環境保護庁(EPA)の規制対象と同様の16種類のPAH物質を含みます。新しいPAHリストは、下記の表の通り、18種類のPAH物質を含むことになります。これは、REACH Annex XVII で禁止された8種類の PAH物質と、ZEK01.2-08の16種類のPAH 物質の組み合わせです。

PAH検査に関する新文書 ZEK01.2-08 (2009年1月)

2008年12月12日、PAH文書 ZEK01.1-08は、新文書 ZEK01.2-08に改訂されました。

新文書 ZEK01.2-08 (ドイツ語) / 参考英訳

新文書における改訂事項は以下の通りです。

  • 3.2項: カテゴリー分類が表で詳細に解説されています。また、経験交換サークルにより製品および製品グループが決まり、ZLSホームページで公表されました。公表と同時に有効です。
  • 試験方法2.1.2: 最少量試験の手順。1製品中の同一材料の総量が500mg未満の場合、同一材料を合わせて1つの試験サンプルと判断します。しかし、他製品の材料を合わせることは出来ません。 試験サンプルが50mg未満である場合、テストは行われません。

PAH検査に関する新文書 ZEK01.1-08 (2008年7月)

6月25日、ZLS(ドイツ連邦共和国製品安全局)はPAH(多環芳香族炭化水素)に関する新文書ZEK01.1-08を公表しました。新文書は従来の文書ZEK01-08に代わるもので、 ZLSのホームページ で入手できます(ドイツ語)。

文書の大部分(製品の要求事項、試験方法、PAH許容値など)はこれまで通りで変更はありませんが、新文書では以下の変更がなされています。

今回、製品という用語は「技術製品および消費者製品」として明確化されています。

文書は再編成され、いくつかの変更/追加が行われています。

旧書式は不明瞭で混乱を招いたこともあったことから今回、PAH評価は次の3段階で行われることが明確化されています。

  1. 関連性評価
  2. カテゴリー分類
  3. 試験および評価

ステップ1で、PAH文書に該当すると評価された場合、2と3のステップが必要になります。

さらに、食品に接触する材料が限度値表から削除されたのも変更点です。これは、より包括的な特別法規(ドイツ食品法令LFGBなど)が存在する場合は、PAH文書の要求事項の代わりにその法規を適用するためです。

本件に関する詳細と実例については、ZLSのホームページを参照してください。 既存・新規のGSライセンスに関して、ホームページで公表されている情報も、この新文書に記載されています。

既存GSライセンスは、2009年3月31日までにPAH文書の要求事項に対応することとされています。

電気製品に関するPAHガイドライン (374-08e Rev 2)
参考英訳参考和訳
リスクアセスメント書式

GSマーク認証におけるPAH評価 (2008年4月)

先日お知らせしましたとおり、ZLS(ドイツ連邦共和国製品安全局)が通過させた法案により、GS認証取得の要求のひとつとして、PAH(多環芳香族炭化水素)の評価が加えられました。これにより、製品によっては、PAHに関して試験が要求されることになります。試験が必要となるかどうかは、リスクアセスメントによって判断されます。

この規定により、2008年4月1日以降発行されるGS認証はすべて、このPAH評価要求が適用されます。

2008年4月1日以前に発行された認証は2008年4月1日以降1年間有効ですが、この間に再評価することが要求されます。本年7月にZLSより詳細な追加情報が出される予定です。

テュフ ラインランドでは、PAH評価の必要性を判断するための リスクアセスメントPAH試験 も行なっています。

GSマーク認証にPAH試験・評価が必須に (2008年1月)

ドイツAtAV(技術製品および消費者製品のための協会)は、2007年11月20日、PAH(多環芳香族炭化水素)検査をGSマーク認証の必須項目とすることを決定しました。

今回 決定のガイドラインに従い、必要書類が改訂され、2008年1月8日付けで公表されました全てのGS関連機関は、移行期間終了後の2008年4月1日より、ラボ試験手順を含む新しい試験仕様書の使用が義務付けられます(移行期間中は現在の仕様書が適用されます)。

サービス実績紹介

ProdSG法に関するFAQ

質問をクリックすると回答が表示されます。


Q1.ProdSG法に基づく会社名の表示としてトレードマークや略称を使用することはできますか?
A. 認められません。住所表示と同様に、正式な会社名の表示が必要です。

Q2. 会社名と住所の表示は定格ラベルに記入すべきでしょうか?
A. 必ずしも定格ラベル上である必要はありませんが、製品に貼付する必要があります。
長期使用を考慮した表示の必要があります。

Q3. 会社名と住所の表示に際して、文字サイズの規定はあるのでしょうか?
A. 少なくとも、肉眼で判読できる大きさが必要になります。視認性の判断基準としては、IEC62079第6.2.1項(Print type and size)に基づき、9ポイント(約3mm)以上を推奨しております。

Q4. ProdSGはどこで確認することができますか?
A. こちらをご参照下さい。現在はドイツ語の原文のみです。
http://www.bmas.de/DE/Service/Gesetze/prodsg.html

Q5. 実施までの移行期間は設定されていますか?
A. 旧法のGPSGからの移行期間は設定されておりません。
2011年11月1日に発表、2011年12月から強制となっております。

Q6. 例外措置をとりたいときはどうしたらいいですか?
A. 宣言書の下から3番目にチェックを入れ、理由及びその想定期間を記載下さい。
例外措置が一般的に認められる例
例外とする原因が製品の在庫の場合: 在庫が切れるまで
例外とする原因が製品のサイズの場合: 輸出品全てが対象(期限なし)

Q7. 例外措置が適用できないのはどういう場合ですか?
A. 例えば、2011年12月の時点で1000台の在庫があり次回の生産が2012年6月の予定の場合、6月の生産分は対応可能だと思われますので、例外扱いは認められません。

Q8. 今までマニュアルに要求されていたEU内の代表者の記載はまだ必要ですか。
A. 新しい要求に基づいて製品上に記載されることにより、マニュアルへの記載は不要となります。

Q9. 消費製品でない場合はどのようにしたらよいですか。
A. 宣言書の一番下(Other requirements)にチェックを入れ、消費製品とならない理由を記載ください。
一般的に低電圧指令に基づくCEマーキングを備えた製品は、消費製品と考えられます。
消費製品の定義については、「 ドイツの新しい製品安全法に関するお知らせ 」をご覧ください。

ドイツの新しい製品安全法(ProdSG法)に準じた宣言書

ProdSG法に準じた宣言書 ダウンロード

Certipedia

GSマークを取得された製品例はこちらでご覧いただけます

続きを読む

関連サービス

CB証明

さまざまな国内認証の基礎となるCBレポート | テュフ ラインランド

電子機器の安全性試験としてグローバルに通用するCB証明書

詳細

CEマーキング

CEマーキング

第三者認証を得ることによって、CEマーキングに一層の信頼を与えることができます

詳細

LEDランプ・照明器具の試験と認証

ランプ試験 - テュフ ラインランド タイトル=LED・ランプ・照明の認証

さまざま規格や指令の要求事項に対応したテュフ ラインランドのLEDランプ・照明器具試験

詳細

TUVマーク (Bauart)

TUVマーク (Bauart)

テュフ ラインランドは多様な認証サービスを行い、製品の品質証明をお手伝いします

詳細

透明性の高いテュフ ラインランドの認証マーク

サーティペディア | テュフ ラインランド

サーティペディア – 無料のオンラインデータベースで製品の試験・認証情報が確認できます。

詳細

電子部品

電子部品

幅広い認証に対応し国際市場でのビジネスをお手伝いします

詳細

電磁両立性(EMC)試験および認証

電磁両立性試験・認証サービス | テュフ ラインランド

EMC試験サービスは医療機器、無線機器など各種機器のEMC規格への適合性を証明します。

詳細

お問い合わせ

最後に訪問したサービスページ